〜癒しの風をあなたに〜 ピアニスト慎純のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログの引っ越し

<<   作成日時 : 2010/07/26 01:34  

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5


(^0^)/ブログを引っ越しましたので、よろしくお願いします↓


ブログ:〜癒しの風のピアニスト〜慎純のブログ〜
URL:
http://ameblo.jp/shinjun-145/

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログを変えるそうで、最後のコメントです。
癒し、この言葉の持つ深さ・・
今、私を癒してくれるものは何もない・・
もし、真に癒されるとしたら
それは死・・何も無くなること
幸せの絶頂の時に死ねたら本望
人を癒すことも、人に癒されることも
私にはないのです・・
きっと、今予定していることが
すべて終わったら充足感の中で死を・・・
永遠の癒しを得ることができます
それこそが、真の癒しでは・・・
ムジカ
2010/07/28 13:09

ムジカさん


死は、残念ながら終わりではないのです。人は死んで無にはならないのです。

人の心は見えないけれど確かに存在するように、そのたましいもたとえ肉体が死んで見えなくなっても、存在するのです。


僕も昔、生きてるのが辛くて本当に死にたいとよく思いました。いや、死にたいというより、「自分という存在がこの世から消えて欲しい」「最初っから存在しなかったことにして欲しい」と神に祈りましたね。

だから、夜眠る時「このまま永遠に目が覚めなければいいのに」ともよく思いました。


しかし、神様って本当にいるんですよね。

神様は僕の心の叫びをちゃんと聴いてくださり、助けて下さいました。

ムジカさんも是非、神様に真剣に助けを求めてみて下さい。不思議な方法で神様は応えて下さいますよ。(^_-)-☆
慎純
2010/07/29 01:06
ありがとう・・
クリスチャンである貴方が羨ましい
私には祈る方法すらわからない・・
忍び寄る死へのあこがれ、執着・・
振り払えない自分が・・・
ただ、まだやらなければならない事が
それを残すわけにいかない・・
苦しい、死への逃避なのか?
ありがとう、もう少しだけ、少しだけ
生きてみます。少しだけ・・
ムジカ
2010/07/29 01:59

ムジカさん

僕も死に憧れていたあの頃は、今のような人生は想像できませんでした。

しかし美空ひばりの「愛燦燦」の歌詞じゃないけれど、人生って本当に不思議なものですよ。


祈りはカタチじゃありません。心のありのままを神に語りかければそれで良いのです。子供のように素直な心で。

僕もお祈りしていますよ。
慎純
2010/07/29 02:20
慎純様
いろいろありがとう
今日、残った仕事すべて終わり
終わりました・・・
子供の頃に戻れたら・・・
すごく疲れました・・眠りたい・・
本当にありがとう
私のために祈ってくれて・・
癒しを感じます・・優しさも・・
さあ、行かなくては!
これで、このコメントは終わりです
ありがとう、いい気持ちです!
ムジカ
2010/07/30 01:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログの引っ越し 〜癒しの風をあなたに〜 ピアニスト慎純のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる